館林市 N邸

近在でも100年から経つ名家で、造りも一階は格天井が多く、高さも基準通

りでからず、高からずの状況。真っ黒であった天井面を白系にして、視覚

的に高さを演出しました。二世帯住宅として彩生。大家族のため、広い玄関

脇にシューズクロゼットを設けた。屋根・壁・床の全面に遮熱材を施工、開

口部はLow-Eガラスを施工。吹抜部分に薪ストーブを設置なかなかの暖房性

能が発揮されるかと。
DSC02627-500.jpg

      

DSC03754-500.jpg

 

DSC03179-500.jpg DSC03285-500.jpg DSC03378-500.jpg DSC03506-500.jpg
DSC03586-500.jpg DSC03758-500.jpg DSC03761-500exif.jpg
DSC03764-500.jpg
DSC03768-500exif.jpg
DSC03774-500exif.jpg