東京都 S邸収蔵庫

骨董収集家の施主様より、それを整理陳列するための建物と言うことでしたので、蔵を移築彩生することになりました。将来的には、展示開放することも視野に入れて、内部の彩生を考えました。土蔵を移築彩(再)生する場合、壁を土壁で再生させるのは予算等を考えると大変な事なので、今回は発砲コンクリート板に漆喰を掛けた施工をしました。

         P0000166.JPG

                 after

  

P0000162.JPG P0000150.JPG P0000154.JPG P0000151.JPG
P0000152.JPG P0000153.JPG P0000157.JPG P0000155.JPG