佐野市 A邸

築140年の現地彩生の住宅です。柱梁が立派な物が使われていたので、元々建て替えとかは考えず、リフォームの依頼から全彩生になりました。おばあちゃんの拘りが大きかったのです。基礎もジャッキアップし玉石から布基礎へ変えました。昔の農家住宅なので天井が割と低く重い感じがするので、吹き抜けに出来ない部分は色合いによる視覚の工夫をしました。吹き抜け部分には鍛鉄を使って古民家の内装にマッチさせました。いろいろと遊びました。   

         P0000004.JPG

          before

         P0000228.JPG

                  after

  

P0000083.JPG P0000064.JPG A0000342.JPG A0000348.JPG
A0000337.JPG A0000335.JPG A0000332.JPG A0000327.JPG