佐野市 K邸

現地彩生の専用住宅です。 「住まなくなって30年経つ家ですが、彩生出来ますか。」との相談に、「住んでない家は風が通ってないので痛みが激しいのでは」と返すと、時々風を入れているとの事でしたので拝見すると、北側の一部に痛みがあるがこれなら大丈夫と踏み切りました。
 平屋造りで軒の深い本当の日本家屋でした。トタン葺きの大屋根を瓦葺きにするために、屋根荷重が増すので軒裏に力垂木を入れたりして、元々の風格を出すため内部への工夫をした工事でした。躯体もジャッキアップし、玉石基礎から布基礎へ作り替えた本格的な彩生でした。彩生前と後では驚くほどの違いがあり、施主様はじめ近所の方々もびっくりでした。元々この家の持っていた美しさを引き出しただけなんです。

         P0000649.JPG

          before   

         P0000644.JPG

                 after  

 

P0000654.JPG P0000596.JPG P0000652.JPG P0000601.JPG
P0000607.JPG P0000638.JPG P0000617.JPG P0000616.JPG