古民家彩(再)生専門の萬屋が現代民家(100年以上持つ家)を創る

家も輪廻すべき

  家とは、少なくとも家族が3代以上にわたり、住み継ぎ

  豊かな親子関係を構築できる物でなくてはならない。

  なぜなら、子供は最も身近な小さな社会(家族)の中で

  人として豊かに育まれる必要がある。 そして

  人として不変的な知恵を身に付けなければならない。

  それには、3代にわたり不変的な家があるべきだと思う。

 

          家は住み継ぐ方が体と心に、そして懐も得だ!

 

 

     長期優良住宅制度は本当に大丈夫ですか?

 

制度対象基準はもっともな内容であるように思えますが

よく見ると、住宅を工場生産している大手住宅メーカーに

都合のよい制度にも見えてくる。

歴史を紐とかない最近の技術で、安全基準という隠れ蓑を着た

工業製品を多用した家。工業化建材に多く使われている

接着剤の耐用年数は約20年と言われています。

これが住宅の耐用年数と一方で言われています。

基準をクリアーするためには定期的にメンテが必要、それもそうです。

接着剤が20年しか持た無いから。

想像以上の費用が発生するかもしれません?。

この基準も組織的大手の為かと思うのは零細者のひがみでしょうか。

数十年後に本当に資産価値があるのでしょうか。疑問です。

大震災にも耐えてきた、従来の100年から経つ古民家の資産価値は

殆ど評価されてません。現在の建築基準で再生されてもです。

はたして、長期優良住宅は実質評価されるのでしょうか。

 

 

     なぜ、資産価値がある家が必要なんですか?

        住み替えのためですか。そんなに住み替えしますか。

       

        本当の家の価値は、資産的な価値よりも

        不変的な永住性に有るのでは無いでしょうか

 

住宅はアメリカは44年、イギリスは75年、日本は26年で

平均的に建て替えられているようです。

日本は人間の寿命は世界最長であるのに、住宅は短命です。

家の資産価値を上げて、永く使おうと言う考え方は

基本的に、家の転売・住み替えを考えての事でしょうか。

チョット変ではないですか?

日本人は古来、放牧民族では無く、地に足を降ろした農耕民族です。

家を永く使おうと言うのは、代々住み継ぐ考えが基本だと思います。

その方が省エネで経済的です。

資産価値が上がったら、固定資産税もあがります。

家の本当の価値は永く住める、永住性が最も大事だと思います。