彩(再)生古民家の魅力は「時の流れ」にある

       古民家は長い年月を経過してきたことにより、柱梁のたくましさと

       時の流れのたおやかさが、住む人をやさしく包み込みます。

       新材では決して醸し出す事の出来ない味です。

       新材の変色、傷付きを経年変化と言う言葉で表現しても

       価値が徐々に下がっていく感があります。

     が、古材はその段階を超えたことにより、新たに出来る傷さえも

     味わいとして吸収してしまう懐の深さがあります。

     人は時の流れの中に暮らしています。

       古民家は人の何倍もの時間を、そしてたくさんの人の

       生活の営みを見てきているのです。

       だから、大きな包容力と安堵感があるのです。

       古民家は国産材の天然乾燥材で出来ています。